*

2014年9月

東京で赤ちゃん歓迎のホテル

東京で赤ちゃん歓迎のホテルを探していると、なかなかないことに気づきますよね。実際、私も子連れ歓迎のホテルを探したんですが、あまり見つからず困っていました。最終的には、京王プラザホテルに決めたんですが、そのときに参考になったサイト(ホテル比較予約.com)さんから引用して、東京の赤ちゃん歓迎のホテル紹介するね。

京王プラザホテル
東京ディズニーリゾートへ無料バスも有り、ファミリーには大人気のホテル。 公式ホームページにも子連れ歓迎の謳い文句があり、赤ちゃん連れには安心のホテル。

東京ドームホテル
東京ドームシティに隣接した地上43階建て1006室の超高層ホテル。子連れ専用のプランも多く準備されており、子供用のアメニティーも充実している。また、ホテル内に託児所があるため、子どもを一時的に預けて親だけで高級レストランで食事をしたりエステを楽しむことが可能です。

ホテル日航東京
室バルコニー付、東京ディズニーランド・横浜・都心どこへ行くにもたいへん便利なアーバンリゾートホテルです。


カラオケでストレス発散

 大学生の頃、歌うのが好きな同級生が何人かいて週1回授業の空き時間にカラオケの授業と称してカラオケボックスに通っていた。次の授業までの合間の時間だから、どんなに楽しくても絶対に延長はできないので、毎週来るのが楽しみだった。 だんだん学年が変わると研究などで時間がとれなくなってしまって行けなくなったけれど、歌うことでストレスがなくなっていたし、くだらない部活のようなもので、すごくいい思い出になっている。だから今でもみんなとカラオケに行くことが好きだし、ストレス発散のよい方法になっている。ミュゼ 鼻下だけ

無審査と言えば現金化

無審査でお金を用立てると言えば現金化 無審査ですよね。お金関係はとにかく審査・審査・審査…で、無職やフリーターには辛い世の中です(まぁ当たり前ですがね)。私も転職したばかりで低収入のため、あまり高額な金額を借りる事はできません。そんな今、無審査で十分な金額を用立てられるのが現金化です。こんな便利なシステムがあるとは思いもしませんでしたね。

現金化とは要は現金が手元にない場合、カードの分割やリボ払いで購入した商品を買い取りして貰うシステムです。「なんだそれなら自分で質屋へ行けばイイじゃないか」と思う人もいると思いますが、質屋だと換金率が低いですからね。質屋で高く売れる物をリサーチするのも難しいですし、一定の換金率でキャッシュバックしてくれる現金化は便利だと思います。


財布の中身がピンチで即日現金化を初めて利用

先日急に会社の頼みで得意先の社長を接待しなくてはならなくなり、財布の中身がピンチで即日 現金化を利用しました。時刻は既に夜の10時を回っており銀行からお金を下ろすことは不可能だったのです。まさか「今持ち合わせがないので接待できません」とは会社に言えませんから、どうしようかと困っていた時に即日現金化の事を思い出したんです。それで急いで申し込んだところ、無事に数分で希望の金額をGET。社長を無事に接待でき、会社からの信頼も得る事ができました。

実は僕はこの即日現金化についてはかなり懐疑的だったので、これまで一度も利用した事がありませんでした。今回は「これしかない!」と利用してみましたが、いや実にスピーディで助かりましたよ。悪いイメージを持っていましたが今は非常に感謝しています。


やり方を理解する

よくある初心者用のFX取引の本では、「損失が生じた状況ではナンピン買いして、平均のコストを低くする事が出来る」等述べられていますが、現実的にはそれには大きな危険があります。

まずはじめに、ナンピン買いの手法に関して簡単に記述します。

 

仮定として1ドル100円でドルを買ったとする。

 

$買いということで、円安になればなるほど黒字が出るわけだが、逆に1ドル=95円まで円高が進んだとします。

 

この場面でポジションを持ち続けたらプラスになるためには、損した分、円安ドル高が進まなければなりません。

 

皆さん、損は早めにリカバリしたいと考えるでしょう。

 

これを解決するため最初に注文したのと同じ分のドルを、95円で取引します。

 

これで、全体の買い付けコストは1ドル=97.50銭まで下げることができますつまり、2円50銭の幅で円安が進行すれば、損を失くせます。

 

こういったことがナンピンの原理です。

 

このような、ナンピンのやり方を理解すると、「まちがいない」と思ったりするが市場は簡単には問屋を卸してくれない。

 

1ドル=95円が底だということなど、誰にもわからないのである。

 

仮に、相場が相当の円高動向だとすれば、95円では下げ止まらずに更に一段の円高に進む危険性は高いです。

 

例として、97円50銭でナンピンをした場合に、1ドル95円までドル安に進んだらナンピン買いしたポジションにも、赤字が生じることになってしまうのである。

 

こういう状態では一番初めに売買したドルと同時に2倍の為替差損が生まれる事になります。

 

それゆえ、ナンピン買いは一筋縄でいきません。

 

であるなら、市場が脚本とは反対の方向に向ってしまった場合、どんな対策で危険を軽減すればいいのでしょうか。

 

こういう状態で選択できる手段は2つ。

 

まずひとつめは執着しないで損切りをする事です。

 

もうひとつの方法としては所有している買いポジションを少なくして改めて外国為替市場が戻るのを何もしないで待機する事です。

 

相当大人しい対策だと考える投資家もいるkもしれません。

 

だがしかし、自分が所有している買いポジションに損失が生まれた時一番有効なやり方はこれ以上のものは考えられない。

 

無論、考え方としてはナンピン買いする術もあると思います。

 

しかしながらナンピンは、自分か損失を出している場面にもかかわらず、買いポジションを無くすどころか、遂にポジションを積み増していく方法である。

 

この手法では、危険をコントロールすることなど、到底可能ではないと考えるべきです。

 

ナンピン買いをしていけばいつかは勝てるかもしれません。

 

だが、その前にお金が足りなくなってしまいます。